ワーキングホリデーVISA申請への道のり

こんばんは!canaです!

ワーキングホリデーのVISAの取得について記事にしたいと思います。

・ワーホリしようと思った理由
・ワーホリのための家探し
・ワーホリ中に通う語学堂の手続き
・ワーホリビザ申請に必要な書類について
・申請しに行ってきた!

という内容を思い出に浸りながらつらつらと記事にしております。

あくまで備忘録なので…

それでも誰かのお役に立てたらうれしいです。

ワーホリ申請(1).jpg


私が本気で「ワーホリしよう!」と思い立ったのは3/9の夜でした。

ウネのソウルコンのチケッティングがしたいのに

外国人という理由でyes24が使えないことにいい加減腹を立て

「それなら外国人登録証をゲットすればいいんだな?!わかった!ワーホリしてやるよ!!!」という感じです。

オタクの方なら気持ちがわかってもらえると思います←

その勢いで「ワーホリするならここに住みたいな」と何年も前から思っていたお家に

今部屋の空きがあるとのことです。

まだ部屋が空いているかどうかをメールで問い合わせをしました。

たまたま3/11から韓国旅行にいく予定があったので

3/12にお家の見学をさせてもらうことにしました。

今思えばこの流れはものすごいラッキーだったなぁと思います!

ワーホリ開始してから家を探す人が多いと思いますが

「家が決まってから韓国に行きたい…不安過ぎる…」と思っていたので

絶対に先に家を探して決めておきたかったんです。


私が見学に行ったお家は、前にお友達が住んでいたシェアハウスなのですが

友達から「家も綺麗だし住み心地がとても良かったよ」と聞いていたので安心して見学に行きました♪

聞いてた話通り綺麗なお家で、管理人さんもとってもいい人で「是非お願いします!」とのことでお家決定💓


真夜中の勢いで問い合わせをし、その勢いで家の見学に行って家が決まってしまいました。

すごい…順調すぎる…

ワーホリ申請(2).jpg

せっかくワーホリVISAをとって韓国に住むなら、

また語学堂に通いたいなぁと思い

以前通っていたソウル市立大の語学堂にも問い合わせをしてみました。

「2016年の夏学期に通っていたcanaです。また語学堂に通いたいのですが、どうしたらいいですか?」

すると返信がきて

「残高証明書だけ送ってくれればいいですよ」とのこと。

え、手続きめっちゃ楽じゃないですか?!

申請書かいたり色々な書類を集めたりしなくていいなんて…

語学堂に通うための手続きのハードルが下がりますね♥

お家も決まり語学堂に通うことも決まり色々と順調です。

あまりに順調すぎて途中で不安になったりもしましたが

せっかくなので流れに身を任せることにしました。

語学堂宛に残高証明書を普通郵便(90円)で5日間ぐらいかけて送りました。

するとメールでインボイスが届きました。

4月にウネコンのためにソウルに行く予定があったので、

学費を韓国から振り込みました✌

これで高い手数料もかからず送れたので良かったです♪


職場に「仕事を辞める」という話をして、着々と準備が進んでいきました。

お家の契約を5/21からにしていたので

何としても5/21までにワーホリVISAを取得しなければなりません!

私は広島県民なので駐広島大韓民国総領事館にVISAの申請をしに行かないといけません。

家から結構遠いので、絶対に1度で終わらせたい…!

早めに済ませて安心したかったので、3月中に申請に行こうと思っていました。

しかし、ある疑問が浮かんできました。

「VISAを取得したあとに韓国に旅行に行くと、そのVISAはどうなってしまうの…?」

夜に布団の中でふと疑問に思ってしまいました。

気になり過ぎて眠れなかったので、夜中に必死に検索をしてみると…

旅行で行ったとしてもVISAが開始してしまうとのこと!

しかも外国人登録証を作らずに韓国から出てしまうと、そのVISAが無効になってしまうとのこと!!!

GWに釜山旅行にいくせいで早めにVISAの申請ができないことに気づいたんです。

気づいたからよかったけど、気づかずに早めに申請していたらどうなっていたのか…(´;ω;`)

GWの中でも領事館が開いている日は無いのかなと思い電話をしてみましたが

暦通りお休みだと言われてしまいました。

「そうか…領事館も10連休なのか…」

GWが明けてすぐの5/7に申請に行った場合は、何日ぐらいでVISAが発給されるのかも電話してみました。

広島は普通の速さで1週間はかかるそうです。

GW明けで申請がたまっていた場合は少し遅くなるかもしれないと言われました(´;ω;`)

不安すぎる…(´;ω;`)

とりあえず5/7の朝一番に申請に行こうと心に決めて準備をしました!

不備があって突き返されたら申請がどんどん遅くなってしまう…

そうなるとワーホリ開始予定の日に間に合わない…!

そう思って不備が出ないようにしっかり準備しました!

特に「活動計画書」は突き返されたことがあるという話を聞いたので、

かなり気を使ってを作成しました。

色々なサイトを見ていると、

未婚の方がおおいので、既婚の場合はどうしたらいいのか色々と疑問が出てきました…

「大学の卒業証明書と今の名前が違うけど大丈夫なのか…?」

気になることはすぐ電話しました☎

既婚者の方は「追加で戸籍謄本が必要」とのことでした。

他にも気になる事がちょこちょこでてきて、3月下旬は毎日のように領事館に電話をしていました(笑)


ちなみに領事館に電話をかけると、

「アンニョンハシムニカ」と言われるので一瞬焦りました。

日本語で話すと相手も日本語で話し返してくれます。

余談ですが、毎日のように電話していましたが

毎日のように担当の人が席を外していて何度もかけなおす羽目になりました(笑)

いっつもいないねお姉さん…なんでなの…

ワーホリ申請(3).jpg

「少々お待ちください」と言って間違って電話を切られたこともあります(笑)


参考になるかもしれないので、ワーホリVISA申請のために私がそろえた書類を書きだしておきますね。

--------------
•ビザ申請書

•パスポート(有効期限1年以上)

•パスポートのコピー

•カラー写真(3ヶ月以内に撮った3.5cm×4.5cmサイズ一枚)

•往復航空券のコピー(最低3ヶ月以上)

•一定期間(最低3ヶ月以上)の生計を維持するための資金(30万円以上)を
所持していることを証明できる残高証明書(1ヶ月以内に発行されたもの)←日本語でOK

•活動計画書(韓国語又は英語で申請者本人が作成、最後に自筆で名前を記入すること)

•在学証明書(休学証明書可)又は最終学校の卒業証明書
(3ヶ月以内に発行されたもの)

•戸籍謄本(3ヶ月以内に発行されたもの)←苗字が変わっている場合
--------------

以上の書類をそろえて持っていきました!

ワーホリ申請(4).jpg

活動計画書は色々なサイトの方を参考に、A4サイズの紙2枚で作成しました。

大阪の領事館ではテンプレートが決まっているみたいです。

自分の住んでいる地域の領事館のサイトで内容を確認しておいた方が安心ですね!

広島はテンプレートが無かったので自分で作りました。

〇活動計画書のおおまかな内容〇
・入国帰国予定
・志望理由11行
・月ごとの活動計画 11か月分(ひと月ごとに5~7行書きました)
・帰国後の予定 7行
・直筆のサイン

月ごとの活動計画ですが、毎月どこかに旅行に行っている内容にしました。

「有名な観光地に行く」
「その土地の歴史的なものに触れる」
「その土地の名産を食べる」といった内容を書いていくとあっという間に5~7行できちゃいました。

実際に調べてみると色々と興味がわいてきますね!

初めは「観光地」と「美味しい食べ物」についてばかり書いていたのですが

それを読んだ韓国語教室の先生から「歴史的なことも入れた方がいいんじゃない?」と言われて追加していきました^^

歴史的な建造物だったり、歴史的が勉強できる博物館だったり

そういったものをコネストやネイバーマップで調べて追加しました。

何度か書き直してようやく完成!

ワーホリ申請(5).jpg

実は帰国後の予定が全く思いつかなくて相当苦労しました。

2020年の東京オリンピックのボランティアとか

地元の観光地で働いて韓国語で案内したいとか

絶対にしないだろうなという事を書きました←


5/7の朝一番で 駐広島大韓民国総領事館でワーホリVISA申請に行ってきました!

●駐広島大韓民国総領事館



領事館に着くと、警備員?警察?の方が入口に座って居ます。

「何の御用ですか?」と聞かれるので

「ワーキングホリデーのビザの申請に来ました」と答えました。

すると、「わかりました。では〇階に行ってくださいね。

館内は撮影が禁止になっていますので、携帯電話を出さないようにしてくださいね~」と説明されました。

とっても感じのいいおじさんでした^^

ワーホリ申請(6).jpg

緊張をしながら書類を出します。

「30歳ですか?」と確認されました。

「はい…」と不安になりながら答えましたが、ただ聞かれただけでした。

なぁんだ…(笑)


私は派遣で扶養内で働いていたので、職場の名前や住所を書いていなかったのですが

「この欄も記入してください」といわれて申請書にいくつか追記しました。

あとは「滞在予定地」に住む予定のお家の住所を書いていたのですが

「この住所はどこですか?」と聞かれたので

「住む予定の家の住所です」と答えました。

すると「電話番号も書いてください」と言われたので

管理人さんの電話番号を追記しました。

電話番号聞いておいてよかった…!

こうして書類の不備に追記をして渡すと

「1週間後にとりに来ますか?それか着払いで送りますか?」と聞かれました。

また領事館まで行くのも面倒なので、着払いで送ってもらいました。

同意書にサインをして、伝票に自分の住所と名前を書きます。

「追跡番号を控えておいてください。写真を撮っても良いですよ」と言われたので

スマホで写真を撮りました!

最後の最後に「年齢がギリギリなので、なるべく早く韓国に行ってください」と念押しされました(笑)


無事申請が出来てよかった~と思いながらお家に帰っている途中で気づいたことがあります。

ワーホリ申請(7).jpg

「あれ?あのお姉さん活動計画書読んでた…?」

私が会社名や電話番号を書いている間に読んだのかな…

それにしても見られた記憶がない…

活動計画書に目を通してもらえたのかとっても気になるところです。

あんまり読まれてない気がする

何はともあれ無事に申請が終わってよかったです。

「発送予定が5/14なので、届くのは5/15とか16になると思います」と言われていたのですが

5/14に無事に届きました~!!

佐川の飛脚特定信書便の着払いで届きました♪

なんと着払いのお値段「1,026円」でした。

ワーホリ申請(8).jpg

目ん玉飛び出るかと思いましたw

そんなに高いなら自分で受け取りに行ったのに…(´;ω;`)

追跡番号で調べてみると、

5/9には発送してくれていました。

でも日付指定で5/14に届くようにされていたみたいです。

そんなに早く発給されるなら、もっと早く届くように送ってくれればいいのに…

広島はきっちり1週間待たされるみたいです。

届いたのはパスポートのみで、送付状もなければVISAについての説明なんかも何も入っていませんでした(笑)

素っ気ないな~まあいいんだけど…

何はともあれ無事手元にパスポートが帰ってきて一安心しました。

ワーキングホリデーのビザの取得について気になっている方の参考になれば幸いです^^

この記事へのコメント

人気記事